金沢の稀少伝統工芸である加賀象嵌のお話を中心に、その他趣味のお話もちょろちょろと…。


by pa-pen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

感謝の気持ち

すっかり更新が空いてしまいました。

色々な方にご心配をおかけしてしまったようで…
申し訳ございません。

小腸炎は…
残念ながら、まだスッキリしておりません(涙)。
さすが?体の中で一番長い臓器なだけありますね…。

とは言いつつも、回復には向っておりますので心配ご無用でございます。


ブログをなかなか更新出来ずにいた原因は、小腸炎の他にありまして…

あまり明るいお話ではございませんので、ご興味のある方だけ続きをご覧下さい。







あまり公に話した事は無いのですが…
実は私の母は15年以上
悪性リンパ腫という病と闘っております。


で、その悪性リンパ腫の病状が深刻な状況となり、最近移植手術をおこないました。
(規約で、いつ手術をおこなったということを明確にすることは規制されております。)


それに伴う生活の変化や、心情の変化により、なかなか落ち着いてブログを更新する事が出来ませんでした。


今ようやく精神的に落ち着いたのでブログを更新しております。


母の病気に関しては、あまり表立った所で発表するつもりは無かったのですが、このブログに書かせて頂いたのには訳がありまして…


まず一つに、母の病状を心配してくださっている方に母の安否をお知らせしたいと言う思いがあります。
今、母はとても頑張っております。
それも、母を想ってくださる多くの方の応援があるからこそだと思います。
いつも母を支えてくださっている皆様、本当に有り難うございます。


そしてもう一つ、ブログに書いた大きな理由があります。

骨髄バンクに登録して、母や母と同じような病気の人に骨髄を提供してくださった方へお礼の気持ちを伝えたいと強く思い、ここで公表する決心を致しました。


あまり知られておりませんが、骨髄を提供する際、ドナーにも大きな負担がかかります。
献血のように数時間で終るものではなく、3〜4日の入院が必要となりますし、骨髄摂取後は1週間程の安静期間が必要となります。


適合するドナーが見つかっても、ドナーが拒否をすれば移植を受ける事は出来ません。

骨髄バンクに登録し、多くの条件をクリアしたドナーが骨髄提供を承諾することで初めて移植手術が可能となります。

これは本当に難しい事で、長い方は苦しい病と闘いながら何ヶ月もドナーを待つ事があります。


まだあまり骨髄バンクへの登録が多くない今、登録をし、移植を承諾してくださった方々に心から感謝致します。

残念ながら、移植をしても病状が良くならない場合は少なくありません。

それでも、絶望的な病状の中、一縷の希望を持つ事が出来ます。


本当に有り難うございます。


今回の母の一件を通し、私は現在骨髄バンクへの登録を決意致しました。
自分の母親がこういう状況になって初めて登録を決意したくらいですから、普通に生活している方は、もっと骨髄バンクというものとは縁遠いと思います。


でももし、私のブログを読まれた事で、骨髄バンクに少しでも興味を持って頂けたら、それはとても有り難く、喜ばしい事だと思います。


骨髄バンクに興味を持たれた方は、是非こちらをご覧下さい。

http://www.jmdp.or.jp/

日本骨髄バンクのHPです。



普段は食べ物や音楽の話など、軽い内容が多いので、それを期待して今回のブログを読んでしまい、気分を害した方もいらっしゃるかもしれません。
申し訳ございません。


もう少し気持ちや生活が落ち着きましたら、またいつもの内容に戻ると思いますので、これにこりずにこちらに遊びに来て頂けると幸いです。


あまり楽しい話題ではないにもかかわらず、最後まで読んでくださった皆様、有り難うございました。
心より感謝申し上げます。
[PR]
Commented by かすてん at 2010-03-25 11:54 x
それはお疲れだったのですね。
『腸は考える』という本もあるように、腸はもうひとつの脳ですから、いまのpa-penさんのお疲れを反映しているのでしょう。ご自愛ください。お母様もお大事に。
Commented by コウヘイ at 2010-03-26 02:10 x
勇気のある内容だと思いました。世界が楽しいに越したことはないと思いますが、世界には辛いこと哀しいこともあります。僕たちは場合によって、悲哀から目を逸らさず、正面から受け止めて、立ち向かう必要があると思います。正直言いまして、骨髄バンクは別世界のことと考えていましたが、あなたの日記を読んで考えてみようと思いました。ありがとうございます。
Commented by pa-pen at 2010-03-26 02:53
☆かすてんさん

腸がもう一つの脳だとは…
初めて聞きました。

でもなんだか納得です。
ストレスがたまると、胃がイタくなったり、お腹を下したりしますからねぇ…。

ご心配頂き有り難うございます。
頑張っている母に心配をかけないよう、自己管理もしっかりしたいと思います。
Commented by pa-pen at 2010-03-26 02:54
☆コウヘイさん

ありがとうございます。
あまり明るい内容ではないにも関わらず読んで頂き、骨髄バンクにも興味を持って頂けて、非常に嬉しく思います。
Commented by ののこ at 2010-03-28 00:14 x
 pa-penさんこんばんは。
 
骨髄バンクは聞いたことがあっても身近なことには私も考えていませんでしたのでブログ読ませていただいて私も勉強させていただきました。
人が人を支え、そして支えてもらっていることを改め感じました。
頑張っていらっしゃるお母様の快復を願っています。
Commented by pa-pen at 2010-03-28 00:31
☆ののこさん

こんばんは。

私自身、長年母が病を患っていたにも関わらず、実際に移植する事になるまで骨髄バンクの存在を意識しておりませんでした。

骨髄バンクに関わらず、自分の生活に関わりのない出来事というものは、なかなか意識が向かないものですからね。
今回の母の治療で、私も色々と考えさせられるものがありました。

つたない内容にも関わらず、私のブログからそのような事を感じ取ってくださり有り難うございます。

母共々頑張りたいと思います。
by pa-pen | 2010-03-25 05:42 | 雑記 | Comments(6)