金沢の稀少伝統工芸である加賀象嵌のお話を中心に、その他趣味のお話もちょろちょろと…。


by pa-pen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

別件です。

個展準備で忙しい最中ですが、今月いっぱいは個展の準備から離れ、某公募展に出品する作品制作をしています。

胎が四分一(銅と銀の合金)の香炉を作っております。

d0128864_1965734.jpg


↑象嵌をすべく彫って均した所。

ここをどんどん埋めて行きます。


d0128864_1983755.jpg




じわ〜りじわ〜りと埋まって行きます。

d0128864_1991892.jpg


紋金(はめ込む金属の事です)は、彫った所と全く同じ大きさに切り抜かなくてはいけません。
デザイン通りに彫る技術、紋金をきちんと切り抜く技術が要されます。

昨日はここまで。

d0128864_19112626.jpg


光の反射で目がしょぼしょぼです。
[PR]
Commented by tabotaboy at 2008-03-07 19:13
初めまして
今日も気持良く自然の息吹きを感じながら・・・・・
心豊かに、生かされている事に感謝して健やかに
過ごせます様に願いを込めて思います。

Commented by pa-pen at 2008-03-08 04:28
☆tatotaboyさん
はじめまして。
コメント有り難うございます。

なんだか突然の内容のコメントに少々困惑しておりますが…
全くもってその通りだと思います。
by pa-pen | 2008-03-07 19:12 | 加賀象嵌(制作過程) | Comments(2)