金沢の稀少伝統工芸である加賀象嵌のお話を中心に、その他趣味のお話もちょろちょろと…。


by pa-pen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:その他の金工(制作過程)( 44 )

試作品

象嵌と一緒に使う技法を色々模索しております。

透かし彫りを色々と試して来たのですが、透かし彫りは細部に限界があるので、ロウ付による細工を試す事に…

というわけで、試作品です。

d0128864_1895048.jpg


まだ途中ですが、光に透かすとこんな感じです。

d0128864_18102323.jpg


透かし彫りでは表現出来ない細かい線も表現可能。
しかも透かし彫りより手間がかからない!!

今後、象嵌とあわせて使えそうです。
新作としてお目見えする日も近い…!?
[PR]
by pa-pen | 2008-09-04 18:11 | その他の金工(制作過程) | Comments(2)

内職!?

作品を納品する際、布で包んで箱に入れて納品するのですが、当然の如く作品の名前書きや布での梱包は自分でやらなくてはいけません。

布は切りっぱなしのものを利用する方も多いのですが、私のお師匠さんは几帳面な方で、きちんと端を縫って使用されております。

私もお師匠さんを見習って、できる限り綺麗に梱包するよう心掛けております。

でもこれ、結構大変なんですよね~~(汗)。


d0128864_1391348.jpg



作品が1,2点の時はいいのですが、多くなると大変です。
まるで内職。

ひたすらミシンと格闘しなくてはいけません。

ちなみに和装小物は桐箱に、アクセサリーは紙箱に入ります。
作品のイメージに合わせて箱が変わるんです。

作品を購入された方は、まさかこんな所まで私がやっているとは思っていないでしょうね(笑)。

意外と作家さんは皆さん御自分でされているんですよ~。
あ、でも男性の作家さんは奥さんにしてもらっているという方も多いかも…。

私も奥さんが欲しいです(苦笑)。
[PR]
by pa-pen | 2008-07-16 13:09 | その他の金工(制作過程) | Comments(2)

暑い!熱い!

先日、金沢の気温が30度を超えた日…

自分の作業場では火力が足りないため、大学に在学中の友人に頼み、バーナーと火床を借りにいきました。

まずは腹ごしらえ。

d0128864_13594636.jpg


麻婆豆腐と、ナスと海老と春雨のオイスター煮込みを作って持参し、友人とディナー。
食器がチグハグな感じが大学っぽいですよね(笑)。

お腹がふくれたら、いざ仕事です!!

d0128864_1421318.jpg


バーナーの火力だけでは不十分なので、耐火煉瓦で窯を組みます。

30度を超えようと、クーラーなんて付かない大学。
なにもしなくても汗が吹き出ます。

その上にこの窯。

熱が周りに逃げない分、もろにコチラに熱がかかります。

あっという間に低温火傷。日焼けのように赤くヒリヒリするんです。

暑いやら…
熱いやら…

帰宅する頃には全身ぐっしょりでした。
[PR]
by pa-pen | 2008-07-05 14:05 | その他の金工(制作過程) | Comments(0)

バイト雇いたい…

ま、お金ないのでバイトなんて雇えないんですが…。

現在大掛かりなロウ付をすべく、銀ロウ(銀に亜鉛等を加えた、色味は銀に近く、銀よりも融点の低いもの)をひたすら切っているのですが…

d0128864_1438589.jpg


これがかなり面倒くさい!!
写真のロウ切り鋏という道具で切っていくのですが、金属ですから当然のごとく紙より固いんですよね。

ちょびっと切る分には良いんですけど…
大量に切るとなるとかなり疲れます。

でさらに、切った物を綺麗にまんべんなく並べなくてはいけないのですが…

d0128864_14401175.jpg


ロウを切って、この状態に並べるまでに2時間弱…。

並べるのは自分でやらないと心配なので、せめてロウを切るバイトの人が欲しい今日このごろです…。
[PR]
by pa-pen | 2008-06-24 14:46 | その他の金工(制作過程) | Comments(0)

かれこれ6年前

個展の時に、かれこれ6年前に制作した作品(ペンダントトップ)を帯留めとして使ってみた所、それを気に入ってくださった方がいらっしゃり、オーダーが入りました。

現在制作中です。

パーツを作り、成形中。
d0128864_14342450.jpg


ロウ付。
d0128864_143511100.jpg



まだ完成は先なのですが、6年前に自分で作った物を6年経った今再び作るというのは、なかなか感慨深いものがあります。

6年前は四苦八苦して作っていた物も、今はスムーズに作り上げられます。
一歩ずつながらも、ちゃんと前に進んでいたんだなぁと嬉しくなりました♪
[PR]
by pa-pen | 2008-06-17 14:40 | その他の金工(制作過程) | Comments(0)
まだ完成していない作品ばかりなのに…

またも追加で作っちゃいました。

d0128864_9233832.jpg


研磨のしんどさから逃げたくて…
透かし彫りで気分転換です。

いやいや…

頑張って仕上げなくては…。
[PR]
by pa-pen | 2008-04-28 09:24 | その他の金工(制作過程) | Comments(2)

ツェツェ蠅?

いや〜〜…
昨日は夜に仕事している最中から死ぬ程眠くなりまして…
眠いまま仕事をすると失敗するので、三時半に切り上げ帰宅して眠ったのですが…

主人を送り出すのに1回起きて、その後すぐ寝たら…
二時まで寝ちゃった〜〜〜。

昔、居眠りこいてる人間に対して「ツェツェ蠅に刺されたんじゃないか!?」という先生がいらっしゃいました…。
私も知らぬ間に刺されたのか!?
アフリカに行ってないのに!?

…って、冗談ですが…。

そんな昨日の仕事。

d0128864_14443419.jpg


お月見です(笑)。

ちなみに…→
[PR]
by pa-pen | 2008-02-22 14:49 | その他の金工(制作過程) | Comments(2)

凶器多数

いつも思うのですが…

近所でもしも殺人事件が起きたら、最初に私が疑われるんじゃないでしょうか…。

ご覧ください。
凶器の数々(笑)。


d0128864_15205875.jpg


「金工作家は金槌を沢山持っているのに、釘を打つ金槌を持っていない」
と、よく仲間内の会話で冗談として言われます。


「あと数年もしたら金槌で釘でも打ってるんでしょ。」
な〜んて台詞は、この上ないイヤミだったりするのであります。

分かりやすく言い直せば
「あと数年で、この仕事やめちゃうんでしょ?」
ってなことですからね。


私は象嵌に仕事が偏っているので、金工作家にしては金槌の数は極端に少ない方ではないでしょうか?

独り言→
[PR]
by pa-pen | 2008-02-13 15:45 | その他の金工(制作過程) | Comments(2)

支えてます。

前回書いたにゃんこちゃんたち。
だんだん形になってまいりました。

d0128864_1323353.jpg


あはは。
もうどこの店だかまるわかりですね(笑)。

もらってくれるかな〜…。
すんごいお世話になってますからねぇ…。
これくらいしか出来ない…。

前から見ると…

d0128864_1324446.jpg



まだ色をつける前なので、完成しておりませんが…


使ってもらえるといいですね〜。
頑張れにゃんこ達。
[PR]
by pa-pen | 2008-02-12 13:26 | その他の金工(制作過程) | Comments(2)

続・道具の使い方

道具の名前が面白いと言われましたので、私の中で一番面白い名前だと思っている道具をご紹介致します。

この方。


d0128864_1201378.jpg


「第三の手」という名前です。

ふざけてませんよ。

本当にそう言うお名前なのです。

信じられない方はこちら

ロウ付けという作業の時にとっても役立ちます。
名前の通り、第三の手として働いてくれるのです。



前回ちょろっと載せたオタフクさん。

実は6人兄妹です。

d0128864_1262552.jpg


大きさが分かるように私の汚い手を一緒に…。

金工で使う金槌は大きく分けて二種類。
金属を直接叩く金槌と、道具を叩く金槌です。

オタフクは後者ですね。

基本的には一番左と真ん中のオタフクしか使いません。
それで事足りちゃうんですよね…。

ごめんよ。使っていないオタフク達…。
[PR]
by pa-pen | 2008-02-11 12:10 | その他の金工(制作過程) | Comments(2)