金沢の稀少伝統工芸である加賀象嵌のお話を中心に、その他趣味のお話もちょろちょろと…。


by pa-pen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

お久しぶりです

ずいぶんと長い間ブログをお休みしておりました。

色々と諸事情でお休みさせて頂いておりましたが、これから少しずつ復帰していきたいと思っております。

ブログをお休みさせて頂いている間、色々な事がありました。
その1つが骨髄移植のドナーです。

私の母が生前骨髄移植を受けた事もあり、お返しがしたい気持ちでドナー登録致しましたところ、登録から丁度一年経った時にお声がかかりました。
初めは心配する家族から反対もありましたが、私の想いを貫き通す形で無事骨髄提供まで進む事が出来ました。

d0128864_1552545.jpg


↑手術直後の私。

やはり全身麻酔ですし、骨に針を何度も刺す手術ですので、体にはそれなりの負担がありましたが、ドナーになれて良かったと思っております。

作家という仕事をしていると時々自分の存在意義に深く疑問を感じてしまう事があるのですが、ドナーを体験した事で、自分の命に意味を感じられるようになりました。

私の骨髄を提供された方が、元気に回復されている事を祈る日々です。


まだまだドナーの登録数は少ないようです。
色々と誤解も多いようですが、登録は普通の採血による血液検査のみで済みます。
全身麻酔で骨に針をさすような本格的な手術は、ドナーに決定した時だけですし、ドナーに決定するまでにもいくつも行程があります。
登録してすぐに痛い目にあうわけではありません。

また手術は全身麻酔で行なうものですが、失敗例はほとんどありませんし、何か問題があった場合は最後まで骨髄バンクの方々が親身になってフォローしてくださいます。

母が移植を受けるとなったとき、型の合うドナーの方がいらっしゃると分かっただけでも、希望の光が見えてホッとしたものです。

私がこうしてここに記載する事で、少しでも骨髄バンクに興味を持ってくださる方が増える事を願います。

骨髄バンクの詳しい情報は→http://www.jmdp.or.jp/


ちなみに現在は手術跡もかなり薄くなり、健康に暮らしております。
[PR]
by pa-pen | 2012-10-05 16:05 | 雑記 | Comments(8)