金沢の稀少伝統工芸である加賀象嵌のお話を中心に、その他趣味のお話もちょろちょろと…。


by pa-pen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:彫金教室( 70 )

彫金教室の様子63

ゴールデンウィークも終わり、5月病の足音が聞こえる頃でしょうか(苦笑)。

カレンダーはあまり関係のない生活をしている私ではありますが、やはり世間の空気から、ゴールデンウィーク明けはなんとなくぽっかりとした気分になります。

ゴールデンウィーク中は、普段彫金教室に通っている生徒さんがお友達を体験教室に誘って一緒に来てくれました。

d0128864_11123840.jpeg

生徒さんはいつもの制作の続き、お友達は糸ノコを使ってペンダントを制作。

d0128864_11132189.jpeg

体験のお友達は、練習で作った銅の蝶と、本番で作ったシルバーの蝶を合わせてチョーカーに。
とても素敵な仕上がりとなりました。

今回はお茶菓子はこんな感じで…

d0128864_11142068.jpeg

林久雄さんの組子のコースター、東元生君のお皿、平井悠一君のカップ、練星舎のグラスという組み合わせです。

お菓子は八ヶ岳倶楽部で売られているかりんとうと、八ヶ岳のお土産のしゅっぽっぽサブレ。
そして頂き物のアップルチョコ。

おしゃべりしつつ、手を動かしつつ、疲れたらお菓子を食べて休憩と、まったりとした流れで彫金教室をやっております。

[PR]
by pa-pen | 2018-05-08 11:10 | 彫金教室 | Comments(0)

彫金教室の様子62

一体いつまで続くのか花粉症…。
調べてもらうとそこまでアレルギー反応が強いわけではないのですが、いまだに目の痒みと鼻のムズムズに苦しめられております。

私の出張の都合で回数が減ってしまっている彫金教室ですが、優しい生徒さんのおかげでやんわりと続けられております。

d0128864_18042248.jpeg
材料の切り出しが終わり、研磨作業をする生徒さん。
技法の関係上、先に大まかな研磨をしてしまいます。

d0128864_18043101.jpeg
今回のお茶菓子はこんな感じです。
釋永由紀夫さんのお猪口と平井悠一君のお湯呑みです。
お皿は親友からのプレゼントです。
お皿の上に違う食器を乗せて使うのが結構好きだったりします。

最近は自分の制作が忙しくなり、以前ほど熱心に生徒さん募集をしておりませんが、ご興味がおありだという方は受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいませ。


[PR]
by pa-pen | 2018-04-18 14:06 | 彫金教室 | Comments(0)

彫金教室の様子61

いやはや…もう花粉が大変なことになっておりますね。
寝起きとともに鼻がグズグズです。
お化粧も日中はできるだけマスカラは塗らず、花粉用メガネ着用で過ごしております。

お天気はいいですし、教室の時は窓を開けて空気を入れ換えたいんですけどねぇ…。
d0128864_19355620.jpeg
新しい作品制作に入った生徒さん。
ひたすら糸鋸作業です。
d0128864_19363783.jpeg
糸鋸刃をいつもより細いものに変えたおかげか、スムーズに進みました。
技術も大事ですが、用途に合った道具選びも大切ですね。
d0128864_19365136.jpeg
今日のお茶菓子はこんな感じです。
東元生君のお皿と金沢漆器の能作さんのカップです。
生徒さんがちょっと体調が芳しくないとのことで、自家製の梅干しで梅湯を出しました♪
d0128864_19421000.jpeg
ちなみにこちら、本日の工房長みつ君の様子。
生徒さんが来られるので家を掃除していたら、後ろで同じように慌ただしくしている音が…
振り返るとこんなことになっていました(汗)。
首でもしまったら大事です。
何がどうなってこうなったのか…油断なりません。

毎日更新目標の今月。
なんとか折り返し地点をすぎることができました。
あと半月。月末は出張なので、毎日更新できるか否か…。
できる限り頑張りたいと思います。


[PR]
by pa-pen | 2018-03-17 19:53 | 彫金教室 | Comments(0)

彫金教室の様子60

今日は3月11日。東日本大震災が起きた日です。
当時、出かける前に津波が来たというニュースを最初は何気なく見ていましたが、あれよあれよという間に車や建物が水に浸かり流されていく様子は
それまでに感じたことのない恐怖を感じました。

その後の被害の甚大さに、自分が仕事をする意味すら見失いそうなくらいショックを受けましたが、いつ何があっても自分の身は自分で守れるように強くいること。そして人を助けられるくらい強くなれるようになること。その為には日々の生活をしっかりと生きることを改めて意識するようになりました。

まだまだ震災前の日常を取り戻されていない方は大勢いらっしゃいます。
平穏な日々が戻ることを心から祈るばかりです。

書き続けていた彫金教室の様子もついに60回を迎えました。
一生懸命通ってくださる生徒さんのおかげですね。

d0128864_18482294.jpeg
前回のお茶菓子セット。
平井悠一さんの湯呑みに白岩玲子さんのお皿です。
お菓子は手作りのチョコサラミと頂き物の伊勢の神宮白石クッキーです。

d0128864_18491755.jpeg
ずっとピアスを制作されていた生徒さんの作品が仕上がりました♪
2cm×1cmほどの小さな真鍮板に透かし彫りを施し、ポイントで銀の魚子象嵌をあしらっています。
細かい透かし彫りに苦戦されていましたが、とても素敵な仕上がりとなりました。
完成度を上げる為には透かし彫りの精度がもっと上がるようこれから練習ですね!


d0128864_18492762.jpeg
ちなみに今日のお茶菓子はこんな感じでした。
陶芸作家をしている父・笠松博久の器と山崎美和さんの湯呑み、齋藤まゆさんの豆皿です。
頂き物のおかきと梅昆布茶で。
梅干しは自家製です♪

お湯呑みが欠けてしまってショックを受けております(涙)。
金継ぎを習いたいなぁと思っているのですが、なかなか時間が取れず悔しいです。

今日はブログを更新するか悩んだのですが、毎日更新する!と目標を立てたこと、そしてこういう日だからこそ日常生活を大切にしようと思い、
いつも通り更新することにしました。


[PR]
by pa-pen | 2018-03-11 19:20 | 彫金教室 | Comments(0)

彫金教室の様子59

年末の教室の様子を、年始の教室の様子と一緒にアップしようと思いつつ…
年明けの豪雪で教室がなかなか開講できず、アップも遅れてしまいました。

雪も溶け、ようやく今年最初の教室を先日開講できました♪

d0128864_13161767.jpeg
こちらは去年末。指輪を制作されていた生徒さんの様子です。

d0128864_13153091.jpeg
無事とても可愛らしい指輪が完成いたしました♪

d0128864_13170244.jpeg
こちらも年末。
フライパン型のスプーンレストを制作。
写真は最後の色留めの様子です。

d0128864_13172679.jpeg
とっても可愛いスプーンレストが5個もできました!!
真ん中の丸い部分がちょうど1円玉と同じサイズです。

d0128864_13184296.jpeg
こちらは年明け最初の彫金教室。
新しくピアスを制作中です。
細かい透し彫りに奮闘中です。

私が出張が増えてしまったこともあり、以前より彫金教室の開講日が減っておりますが、体験教室など随時募集しております。
ご興味がおありの方は是非お声がけくださいませ。



[PR]
by pa-pen | 2018-03-04 13:49 | 彫金教室 | Comments(0)

彫金教室の様子58

ここ数日で急にグッと寒くなり、我慢していた灯油ストーブもいよいよ解禁となりました。
夜の雷も増え、いよいよ冬の到来だな…と感じています。
(北陸地方ではこの時期『鰤起こし』や『雪雷』と呼ばれる、冬独特の雷がなります。)
早くタイヤを替えなくてはなりませんね。

12月から怒涛の展示会ラッシュが始まるのですが、そちらの情報はまた次回載せさせていただくとして、彫金教室の様子紹介です。

d0128864_14105325.jpg
技術習得の為に手板を制作していた生徒さん。
ちょっと気分を変えて、今回はタガネ制作を行いました。
沢山象嵌するわけではないので、とりあえず直線曲線両用のタガネ作りです。
普段はもっと大きなものをお仕事で削られているらしく、小さなタガネ作りに苦戦されていました。
0.5mmというのは日常ではなかな出会わない数字のようです。

d0128864_14105519.jpg
シルバーリングを新しく制作し始めた生徒さん。
切り出した銀板にタガネを使って模様を入れている最中です。

d0128864_14105763.jpg
模様を入れたら綺麗に成形。
石を使ったリングになるので、完成が楽しみです♪

d0128864_14105985.jpg
19日日曜日は金沢駅で開催された(公財)宗桂会主催、加賀象嵌体験のお手伝いをさせて頂きました♪

お客様が「大変な作業なんですね〜」と言われながら作業に苦戦されていたので
「それを知っていただく為の体験なんですよ〜」とお答えすると苦笑いを浮かべられておりました(苦笑)。

加賀象嵌は見た目よりもずっっっっっっっと手間のかかる技法ですので、それを少しでも皆さんに知って頂いて
加賀象嵌の価値を守っていくことが、体験の大事な目的の一つなのではないのかな…と私は思っております。


ここ数年、以前よりも加賀象嵌の知名度が上がったな…と思うことが増えました。
とは言っても、まだまだ加賀友禅や九谷焼に比べると知名度は低いのですが…。

展示会でいく先々、100人以上の方に加賀象嵌を説明し続けて十数年。
私も微力ながら、加賀象嵌を広めることに役立てているのかなぁと思えるようになりました。

これから十数年後には、加賀友禅や九谷焼と同じくらいの知名度になって入ればいいなぁ…と願わずにはいられません。
その為にも全国各地伺って、展示販売を頑張りたいと思います!!

というわけで、次回は展示会の情報をアップいたしますね。




[PR]
by pa-pen | 2017-11-20 14:37 | 彫金教室 | Comments(0)

彫金教室の様子57

今年も残すところあと2ヶ月となり、仕事も例年の如く忙しくなって参りました。
去年と違うところは、今の所ふるさと納税の依頼がないことですかね。
ブームが去ったのでしょうか…。

秋は芸術の秋。
ということで、教室もいつもより賑やかです。

d0128864_15432815.jpg
スプーンレストを制作中の生徒さん。
自分の分のみならず、ご友人にプレゼントする分も制作されているので、切り出す数も多く大変そうです。
余談ではありますが、この日は突然の豪雨に見舞われ、到着した時にはびしょ濡れだった生徒さん。
貸し出したジャージが偶然にもセーターの色と一緒でカラーコーディネートされておりました(苦笑)。

d0128864_15434925.jpg
久々に象嵌体験コースの申し込みがありました♪
私の教室の象嵌体験コースは他の方が開講されている体験よりも時間が長く、
価格も高めなのですが、その分しっかり加賀象嵌の工程を全て体験いただいております。
(一般的な象嵌体験は既に彫ってある溝に嵌め込んで磨くという2工程のみの体験が多いです。)

d0128864_15434513.jpg
まずは真鍮の手板で彫る練習。
あくまで体験ですので、完璧は目指しません。

d0128864_15434294.jpg
彫ったところに純銀を埋め込む練習。
姉妹で体験にお越しいただきました♪

d0128864_15433541.jpg
練習で雰囲気が掴めたら、いよいよ本番です。
事前にお送りいただいたデザインを元にこちらが用意した四分一の板に象嵌していきます。

d0128864_15433389.jpg
こちらで微調整しながら象嵌が終わったら、ひたすら研磨です。
普通は1000〜1500番あたりまで磨きますが、体験は800番までで。

磨き終わったら、硫酸銅と緑青の入った液体で煮込み、
イボタロウ(イボタの木につく虫の抽出物で作ったロウです)で色留めして完成です!

d0128864_15433046.jpg
お目目の点象嵌が貫通してしまいましたが、それも味と楽しんでいただけてホッとしました。
今回でだいたい3時間半。
やはり3時間〜5時間はかかりますね。
じっくり加賀象嵌を体験してみたい!という方は是非お声がけください♪


教える仕事は自宅のみならず、今年から市民芸術村で開講されている加賀象嵌の専門塾にも講師に出向かせていただいております。

d0128864_15472183.jpg
こちらはある程度経験した方を対象としておりますので、私はバリバリ教えるというよりは
生徒さんが与えらえた制作時間をより有効的に使えるようにアシストするのが役目です。

いつも開講30分前に行って、火床や机のセッティングをします。
誰もいない教室で生徒さんを待ちながら自分の作品のあれこれを考える時間もなかなか貴重です。

専門塾に関しては金沢市のクラフト政策推進課にお問い合わせください。
金沢市役所 経済局 営業戦略部 クラフト政策推進課 TEL 076-220-2372

象嵌体験や彫金教室についてはこちらをご覧ください。
長時間制作する方も増えてきましたので、長期コースの価格を値下げいたしました。
よりじっくり体験していただけるかと思います。




[PR]
by pa-pen | 2017-11-09 16:08 | 彫金教室 | Comments(0)

彫金教室の様子56

北海道での一週間も無事終わり、まだ紅葉が始まったばかりの金沢に戻ってまいりました。
北海道では雪が降っていたのが、金沢に戻るとまだ秋で、少し時間を得したような気持ちになりました。

戻ってくると、本当に北海道に一週間もいたのかしら??と思うほどあっという間に日常に戻ります。

d0128864_12385645.jpg
新しい作品の制作に取り掛かった生徒さん。
ひたすら銅板を荒らします。

d0128864_12395491.jpg
この日はこちらの生徒さんにいただいた栗で作った渋皮煮がおやつでした♪
お湯呑みは山崎美和さん作、豆皿は牟田陽日さんの作品です。

d0128864_12401406.jpg
3時間体験コースに来られた生徒さん。
初めての糸鋸。
最初は慣れませんでしたが、あっという間に上達されていました♪

d0128864_12401208.jpg
たこ焼き器ではありません。
金属を半球状にするための道具です。

d0128864_12393877.jpg
3時間という限られた時間でしたが、無事完成。
体験コースでは、作ってみたい作品の画像をお送りいただき、
3時間の中で完成させられるように、こちらで手順などを考えさせていただきます。

ちなみに上が銅と真鍮で作った習作。
下が銀と真鍮で作った本番です。

秋は芸術の秋。
みなさん何か体験されたくなるようで、ちょこちょこをお申し込みいただいております。
ありがたいことです。
ご興味がおありの方はこちらをご覧ください↓




[PR]
by pa-pen | 2017-10-29 12:53 | 彫金教室 | Comments(0)

彫金教室の様子55

すっかり涼しくなり、夜は肌寒いほどの金沢です。秋ですね。

秋といえば芸術の秋。
生徒さんも暑い夏より通いやすくなったのか、通われる頻度が上がっております。

d0128864_13362629.jpg
新しくピアスを制作中の生徒さん。金具のロウ付け作業です。
今まではロウ付けはかなりアシストしていたのですが、今回は初めて
全て一人でのロウ付け!
ロウ付けはちょっとの油断で金属が溶けてしまったり、変なところにくっついてしまったりするので
見ているこちらも緊張の瞬間でした(汗)

d0128864_13362712.jpg
無事金具のロウ付けが終わり象嵌。
曲面への象嵌は初めてでしたので、苦戦されておりました。
この辺りは、もうコツというよりは、慣れてもらうしかないですね。

d0128864_13362990.jpg
あまり今まで触れたことはなかったのですが、教室では必ずお茶とお茶菓子をご用意しています。
その時にはできるだけ作家さんのお皿やカップを使うようにしております。
私は作家さんの作品を購入する楽しみができますし、
生徒さんには色々な作家さんを知ってもらう機会になり、
日常に作家の作品をどのように取り入れていくかの提案をすることもできるので、一石三鳥です!

この日は木地師の山田マコさんの豆皿、陶芸家の北村和義さんのカップ、
染織家の宮嶋千恵さんのコースターというセットでお出ししました♪

d0128864_13363145.jpg
手板を制作中の生徒さんは3枚目の手板に突入。
今回は四分一。初めての切り心地に苦戦されておりました。
金属ごとに切り心地が違うので、慣れるまでが大変だったりします。

d0128864_13363470.jpg
切り出したものをヤスリで成形。
普段大掛かりな機械や金属を取り扱うお仕事をされているそうで、
彫金の繊細な仕事にいつも戸惑われておりますが、とても丁寧なお仕事です。

d0128864_13363652.jpg
この日は陶芸家の齋藤まゆさんの豆皿、木彫作家の佐藤宇之さんのコースター、
金沢漆器店の能作さんのカップというセットでした。

能作というと富山の錫器が有名ですが、金沢では漆器店が有名です。
ちなみに富山は「のうさく」金沢は「のさく」で全く別のお店です。

お土産でいただいたかぼす豆。
箱が可愛く、中身も程よい酸味で美味でした!!


最近は彫金教室の様子のご紹介ばかりになっていますね。
納品が何点か終わったので、次回は私の作品の紹介と、今後の展示会の予定をお知らせしたいと思います♪

[PR]
by pa-pen | 2017-09-15 14:02 | 彫金教室 | Comments(0)

彫金教室の様子54

ここ数日でぐっと涼しくなり、空も高く秋空になってまいりました。
8月は夏休みということもあり、自分の教室だけではなく、色々な場所で体験教室のお手伝いもさせていただきました。

d0128864_14321769.jpg
エアコンのない小学校での体験教室。
学生時代を思い出しました。
よくこんな暑い中で勉強できたなぁ…。


d0128864_14321657.jpg
夏休みを利用して加賀象嵌を学びにきてくれた学生さん。
4日間のカリキュラムで、初日はタガネを5本制作。
二日目は作ったタガネを使って線象嵌と面象嵌の練習。
嵌め込むための紋金を切っているところです。

d0128864_14321420.jpg
真鍮を彫って純銀線を嵌めているところ。

d0128864_14321253.jpg
三日目は四分一をベースに赤銅と銅を面象嵌。

d0128864_14320921.jpg
最終日は面象嵌の上に純銀の線象嵌を重ね象嵌。

d0128864_14320738.jpg
そしてひたすら研磨です。
象嵌の工程で一番大変なのは研磨です。

d0128864_14320521.jpg
しっかり着色まで体験してもらうことができました。

d0128864_14320406.jpg
完成品はこちら。
ほぼ彫りタガネを触ったことがないことを考えると、
4日間でタガネ作りから始めてここまでできたら上出来だと思います。
あとは練習あるのみですね。

d0128864_14320299.jpg
4月からは金沢市が開講している加賀象嵌の専門塾の講師のお手伝いもさせていただいております。
こちらは施設が立派で、私も許されることならばここでやりたい…と毎度思っております(苦笑)。

イベントだったり、教室だったり、加賀象嵌を体験できる場所が、昔に比べて随分と増えました。
興味のある方は是非、身近なものから体験してみてください。
一度体験されると、加賀象嵌の奥深さがよりわかるようになり、作品をもっと楽しんで見ることができると思います♪


[PR]
by pa-pen | 2017-09-06 14:42 | 彫金教室 | Comments(0)