金沢の稀少伝統工芸である加賀象嵌のお話を中心に、その他趣味のお話もちょろちょろと…。


by pa-pen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

作品の価値

先日書いた「一人でやるということ」という、作家として生きるという事の実情をご紹介した記事が、思いの外多くの方にご覧いただく形となり驚いております。

今回は、その記事を踏まえた上で、ちょっと踏み込んで価格のお話をしたいと思います。
前述の内容をご覧になっていない方は、そちらを一度ご覧になって頂いた方がわかりやすくなるかと思いますので是非ご一読ください。
価格という現実的なお話を踏み込んでお伝えしていいものか悩んだのですが、知っていただく事も大切な事のような気がしましたので、記載することに致しました。

工芸品や芸術品の価格ってよくわかりませんよね。
私も正直よくわかりません(苦笑)。

ただ、長年自分自身で作品を制作販売し続けていく中でわかってきた事もあります。
その一つが

販売価格=作品そのものの価値

ではないという事です。

物を売る仕事に従事していない限り、実はこれっていまいちピンとこない話なのではないかと思います。
私自身もそうでした。
ちょっと語弊のある表現のような気もするのですが、これ以外うまい言い方が思い浮かびませんでした(汗)。
後述の内容をお読み頂き、なんとなく言いたいことを汲んでいただけると嬉しいです(苦笑)。


世の中の人の多くが、工芸品や芸術品の販売価格を見て、その全てが作家の手元に入っていると思われています。
私の作品は決して安価ではない為、上記のように考えた方から

「こんな高額なものを売って、さぞかし儲けているのだろう」

と言われることが多々あります。


ですが、現実は実利でいうと販売価格の1〜2割、いいとこ3割といったところです。


まず、百貨店やギャラリーなど店舗で販売する場合は、必ず仲介料が取られます。
大体が販売価格の2〜4割、有名ギャラリーなどは5〜6割仲介料をとります。

話だけ聞くと「仲介料でそんなに取るなんて!!!」と思われるかもしれませんが、仲介料をとる代わりに、自分だけでは集客できないような層のお客様を集客し、紹介してくださるので、額としては決して高い価格だとは私は思いません。

スーパーで売られているものに関しては、皆さん卸値があることをご存知なのにも関わらず、こと美術品や工芸品となると、そういう発想がなくなってしまう方が多いのが不思議なところです(苦笑)。

残った価格の中から、材料費や制作に必要な光熱費、送料などを引いていくと、時給に換算するのが嫌になるくらいの金額しか残りません(苦笑)。

こういうお話をすると「では百貨店やギャラリーからは買わずに作家個人から直接安く買おう」と思われるかもしれませんが
私の場合は私個人から購入しても、店舗を通じて購入しても金額は変えないことにしています。
これは上記のようなことをしてしまうと、販売店舗との信頼関係がなくなってしまうからです。


「じゃあ個人で販売している時はボロ儲けじゃないか!」という方もいらっしゃるかもしれません。
正直なところ、前述の通り、店舗を通じての販売実利はわずかなものです。
店舗を通じて知り合った方が、後々自身の顧客になってくださることで、ようやく作家として食べていける程度の稼ぎになるのです。


他の作家の方がどのような考えかはわかりませんが、私個人で言えば、百貨店やギャラリーでの仕事はいわば宣伝のようなものです。
百貨店やギャラリーで宣伝させて頂くことでだんだんと顧客が増え、そうなることで今度はこちらが百貨店やギャラリーの集客をあげる広告塔に育っていく…。
これが一つの理想の形なのではないかと考えています。


この仕事を始めた頃は、物の価格というものの意味が分かっていなかった事もあり、現在よりもかなり安い価格をつけていました。
販売価格の中には、材料費など作品に直接かかる金額はもちろんのこと、それを販売するに当たり関わる人間への人件費、そして自分自身の作品に対する自信や責任(これがブランド価値と呼ばれるものなのかもしれません)が含まれているのだということを最近ようやく理解するようになりました。

作品に対する自信や責任に関するお話はまた機会があれば掘り下げたいと思いますが、長くなりそうですので今回は割愛いたします。

ここまで読んでいただければ「販売価格=作品そのものの価値」ではないと書かせていただいた意味が分かっていただけるかと思います。
「そういったことを全てひっくるめて作品の価値」でもありますので、少し語弊があるかも…と悩みました。

あくまでこれは私が活動してきた中で感じたものであり、作家それぞれ価格に対する考え方は様々だと思います。
ただ、若手作家の方であまりにも安い金額をつけられている方には、もう少し価格の意味を考えて欲しいと思うことがあります。

買い手としてはもちろん安いに越したことはないんですけどね(笑)。

ここに記載された内容が全てで正しい!とは思わないでください。
あくまで一例です。
一例ではありますが、美術品や工芸品がなぜに高額なのか、その理由の一部をご理解いただければと思い書かせていただきました。
一般の方に対して…というよりは、10代20代の作家さんに対しての想いが強いかもしれません。
なかなかこういった具体的な価格の話をする機会は少ないですから、私自身理解するのにとても時間がかかりました。

買い手にとって安いことは良いことですが、作品の価格には色々なものが含まれているということを若手作家さんには知ってもらいたいです。

…なんて、少し偉そうでしたね。すみません(汗)。

d0128864_14422965.jpeg

工房長みつ君も「難しい話はよく分からん」と寝てしまいました(笑)。

ただ、一人でやっていく場合は、やはりこうした市場の流れや価格の意味ともしっかり向き合わないといけないんですよね。
毎回価格付けは悩みます。



[PR]
# by pa-pen | 2018-04-19 14:50 | 雑記 | Comments(0)

彫金教室の様子62

一体いつまで続くのか花粉症…。
調べてもらうとそこまでアレルギー反応が強いわけではないのですが、いまだに目の痒みと鼻のムズムズに苦しめられております。

私の出張の都合で回数が減ってしまっている彫金教室ですが、優しい生徒さんのおかげでやんわりと続けられております。

d0128864_18042248.jpeg
材料の切り出しが終わり、研磨作業をする生徒さん。
技法の関係上、先に大まかな研磨をしてしまいます。

d0128864_18043101.jpeg
今回のお茶菓子はこんな感じです。
釋永由紀夫さんのお猪口と平井悠一君のお湯呑みです。
お皿は親友からのプレゼントです。
お皿の上に違う食器を乗せて使うのが結構好きだったりします。

最近は自分の制作が忙しくなり、以前ほど熱心に生徒さん募集をしておりませんが、ご興味がおありだという方は受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいませ。


[PR]
# by pa-pen | 2018-04-18 14:06 | 彫金教室 | Comments(0)

今後の予定

あいにくのお天気が続いていた金沢ですが、ようやく晴れ間が見られるようになってまいりました。
気がつけば4月も半分が終わり、仕事も年末の予定が入ってくるようになりました。
1年あっという間ですね。

今後の展示会の予定です。

現在〜4月末日 BOXギャラリー展示販売@東京都「銀座の金沢」 ※作品のみ展示販売


4月24日〜5月1日 「職人の仕事・春展」@山梨県「八ヶ岳倶楽部」※会期中常時実演販売。
4月28日〜6月17日「第47回伝統工芸日本金工展」@東京都「石洞美術館」※入選作品1点のみ展示。
5月9日〜5月15日「金沢卯辰山工芸工房修了者の現在」@石川県「めいてつ・エムザ5階美術サロン」 ※作品のみ展示予定。
7月3日〜9月24日 「第47回伝統工芸日本金工展」@熊本県「熊本県伝統工芸館」※入選作品1点のみ展示。

7月4日〜7月10日「〜匠の技〜職人の仕事展第2弾」@大阪府「あべのハルカス・ウイング館9階催事場」※会期中常時実演販売

8月23日〜9月2日「笠松加葉個展(仮)」@石川県「金沢クラフト広坂」※会期中常時実演販売
10月11日〜16日「第43回加賀百万石展」@北海道「さっぽろ東急百貨店・9階催事場」※会期中常時実演販売


作品のみの展示会もありますが、私の体はこれから山梨→石川→大阪→北海道と移動予定です。
出来るだけ全国色々な場所にお邪魔できるよう努力しております。
まだ決定していない為にこちらに載せていないものもございます。
各会場、お近くの方は是非お立ち寄りくださいませ。








[PR]
# by pa-pen | 2018-04-17 09:35 | 展示会情報(2018年から) | Comments(0)

一人でやるということ

春の嵐でしょうか。大荒れのお天気の金沢です。
それでも風が暖かくなって参りましたね。今年もぼちぼちプランター菜園の苗植えの季節だな…と何を植えるか検討しております。

最近展示会に出ていると、学生さんと思しき方から「作家として食べていきたい」というご相談をいただくことがちょこちょこあります。
私が思うに、一般の方が考えている「作家」という仕事の形態がとれている(好きな作品を作ることだけに没頭して日々を過ごす)方は、作家をしている人間のほんの一握りです。


これから作家の道を進みたい!という方、作家とはどんな生活なのか気になる方に、その実態を少しご紹介します。


「作家」と呼ばれる人の大半が副業をしています。
先輩作家さんの下請けだったり、パートやバイトだったり、学校の先生だったり、普通に就職をしていたり…業種は様々ですが、自分の作品だけを制作販売して、それだけで食べている人間はとても少ないです。


私は高校生の時に加賀象嵌の道に進むことを決め、実際に学ぶようになって17年になりますが、自分の作品だけで食べていけるようになったのは14年目からです。
それまでは夜は飲食店でバイトをしたり、下請けの仕事をして生活していました。

ちなみに、この下請けの仕事をメインにされている方を工芸の世界では「職人さん」と呼ぶことが多いです。
一般的な「職人さん」のイメージと、工芸をしている人間の「職人さん」に対する感覚は少し違います。
なので「日本の職人展」などの催事に呼んで頂く際は、実は少し違和感を感じていたりします(苦笑)。


話が脱線しました。
自分の作品だけで食べていけるようにはなりましたが、前述の通り、作品を制作することだけに没頭して生活できる方は本当に一握りです。

私は自分の作品をどんな方が求められるのか、自身の目で確かめたいという思いもあり、委託販売はほぼせず自分自身で売り歩くという形を現在は選んでおります。

今ではありがたい事に色々なギャラリーや百貨店からお声がけいただき、あちこち行かせていただいておりますが、最初は自分で作品のポートフォリオを持って営業に出歩いておりました(笑)。
今でも名刺は常に持ち歩いておりますし、飲み屋であろうとどこであろうと、出会った方には名刺を渡して営業しております(笑)。

そういった人と人のご縁で仕事が入って参りますので、家に籠って作品だけ作る…というようなわけにはなかなか行きません。


ご縁があり、百貨店でお仕事が入ったとしましょう。
まず、大量の書類との戦いがあります(苦笑)。

きっと事務仕事や書類仕事なんてしたくない!という思いから、好きなモノづくりの道に進もうと考えている方もいらっしゃると思いますが、残念ながらそうはいきません。

d0128864_14173294.jpeg
百貨店であろうと、ギャラリーであろうと、必ず書類はついてきます。
しかも枚数が多い!!!
毎度毎度ウンザリします(苦笑)。

県外の百貨店やギャラリーでの仕事だった場合、宿泊費や交通費は負担してもらえて、ホテルも用意してもらえている…なんて考えていませんか??
宿泊費も交通費も自分持ちですし、もちろん宿の手配も自分でしなければなりません。
暇さえあればパソコンとにらめっこして、安いチケットや交通手段をひたすら調べます(笑)。

作品を作れば、箱に入れなくてはいけません。

d0128864_14191838.jpeg
もちろん箱詰め作業だって自分でやらなくてはいけません。

d0128864_14192680.jpeg
説明書や作歴も自分で作って、自分で折って自分で箱詰めです。

値札も自分で用意しなければいけません。箱もタダではありませんし、作品に合う色や形態の物を探して購入しなくてはいけません。
これがなかなか大変だったりします(汗)。
こういった地味な作業も省くことはできない大切な仕事の一部です。

一人でやるということは、経理も一人でやらなくてはいけないということです。
毎年の確定申告ももちろん自分でやります。
そしてその為には領収書整理が欠かせません。

d0128864_14193789.jpeg
出張から帰った時は、大量に溜まった領収書&帳簿と3時間近く格闘します(苦笑)。

物を作る仕事をしているというと、なんだか好きなことだけをやって気ままに暮らしているように思われる方も多いようですが、実際の業務内容は雑務が多く、限られた時間の中でいかに計画を立てて制作の時間を組み立てていくかというのが大切になります。

いつも必ず一ヶ月分の計画表を作るのですが、仕事は突然入ってくる為なかなか予定通りとはいきません。
常に新しい作品を作っている為、もちろん失敗だってあります。

材料はタダではありませんから、そもそも材料を買うお金がなければどうにもなりませんし、道具は消耗品も多く、そういった経費もバカになりません。
今私の工房にある制作の為の道具の総額はざっと軽く見積もっても200〜300万ほど。
仕事に最低限必要な道具を揃える初期投資だけでも20万はかかります。
(逆にいうと20万あればある程度揃えられます。)


「普通のサラリーマンにはなりたくないので、何か作る仕事を…」
と相談されることがありますが、普通のサラリーマン以上に事務仕事や営業をしなくてはいけない場合だってあります(苦笑)。

この仕事のベースはとにかく「好き」ということだけです。
私は加賀象嵌がとても好きで、それ以外で生活していく術が浮かばないので、なんとか嫌なことも頑張れております。
これはとてもラッキーな事です。

随分と夢のない話をしてしまいましたが…
これからモノづくりの道に進もうという方は、こういう世界もあるのだということを理解した上で頑張って欲しいなぁと思います。

もちろん、才能や縁に恵まれて、作品づくりだけに没頭できる方だっていらっしゃいます!
夢は大きく!!!!
でも現実も大切に(笑)。



[PR]
# by pa-pen | 2018-04-15 15:15 | 雑記 | Comments(0)

上手に甘える

先日パニック障害に関して書かせて頂いたところ、多くの方からメッセージを頂きました。

なかなか人には気付いてもらえないけれど、なんとかうまく付き合っていこうと工夫されている方が沢山いらっしゃるんだと、なんだか日本全国に同士が沢山いるような気持ちになりました。
皆さんありがとうございます。


予定日より1ヶ月早く生まれてしまったからか…
はたまた365日締め切りに追われる生活を20年近く送っているからか…

基本的にあまり体が丈夫ではありません(汗)。

それでもこうして色々なところに出張に行き、作品を制作、展示販売させて頂けるのは、色々な方の支えがあるからこそだなぁと改めて感じました。

d0128864_16511352.jpeg
文字ばかりだと息が詰まりそうなので、工房長みつ君の写真でも(笑)。
新しく導入したシュレッダーに興味津々です。


話は戻って体調の話ですが、本当にあれこれと小さな不調と長い間お付き合いしております。
軽度のパニック障害に軽度の鬱病(この二つがセットの方は多いと思います)、チマチマとお腹の中にある筋腫に耳管開放症…etc。
どれもこれも長いお付き合いです。

長い付き合いの中で、なんとなく折り合いは付いているのですが、耳管開放症だけはどうにも苦しめられます。
これ!という治療法がないのが困ったところです。
接客最中に症状が出てしまうと、お客様のお話がよく聞こえなくなってしまう上に、自分がどれくらいの声量で話しているかもわからなくなってしまいます。

太ると症状が緩和することが多いらしいのですが、乙女心として太ることは受け入れられません(苦笑)。
いい治療法ができればいいのになぁと思いつつ…
命に関わる病気でもありませんし、我慢するしかないのかなぁというのが現状です。


きっと世の中「生まれてこのかた病気知らず!」という方の方が少なく、皆何かしらの不調と付き合いながら生活をしているのだろうと思います。
なんだか人付き合いと似ていますね(笑)。

自分の体の中にも色々なものが存在していて、それぞれが程よい距離感を見つけつつ日々を生活しています。

だんだんと歳を重ねる中で、全てを隠しながら一人で仕事をすることが難しくなってきました。
何もかも勢いでできていた20代との違いをヒシヒシと感じる日々です。
強い自分でいることを演じるよりも、弱い部分も伝えて、人の助けに甘えることも大切なのかもしれないと最近思うことが多く、こうして書くことにしました。

長年末期癌と闘っていた母をみていたせいか「命に関わる病気じゃない限り弱音を吐いてはいけない」というような想いが根付いておりましたが、
ただの風邪だって捻挫だって辛いものは辛いんですよね。

弱音を吐いてみようと思えるようになったのは、それを受け止めてくれる友人や家族がいると感じられたからです。
その事に感謝しつつ、長く仕事を続けられるようにする為にも、上手にみんなに甘えて(笑)進んで行きたいと思います。




[PR]
# by pa-pen | 2018-04-13 17:36 | 雑記 | Comments(0)